MacでDVDを焼く「Burn」

こんにちは!

子供の成長記録ムービーは、毎月作ってます。
といっても、1年分くらい溜まってるので、今急いで編集してるところです(汗)
溜まるとダメですね(^^;
dvd

動画の編集は、iMovieで簡単にやってます。
ほぼコメントなしで、動画と動画の間にはフェードインとフェードアウトになる
「クロスディソルブ」というのを入れてます。
それを入れるだけで、なかなかの仕上がりになるのでお気に入り。

MacでDVDを焼くには

iMovieで編集して保存したムービーは、mp4で保存されるのですが、
それをDVDに焼くソフトやドライブがないですよね。

私が使ってるのは、無料アプリ「Burn」です。
シンプルで使いやすいのでオススメです。

画質は少し落ちます。
これが改善できればいいのですが、今のところ、よくわかりません。

毎回DVDに焼くとき、「あれ?どうやって使うんだたったっけ・・」となるので、
自分のメモとしてもこの記事を書いてみることにします。

ダウンロードはこちらから
https://burn.softonic.jp/mac

設定方法

まずは上のメニューから、「Burn」→「環境設定」を開きます

画像のウインドウが立ち上がるので、「ビデオ」の「一般」から、
地域は「NTSC」を選択します。
(多分初期設定でNTSC担になってると思いますが、念のため)
日本の放送規格はNTSC、ヨーロッパたとPALが一般的です。
2

初期設定のままだと、少し画質が悪くなってしまいますので、設定を変更します。
初期設定では、「ビデオ・ビット毎秒」のところが「6000」になっていますが、
ここにチェックを入れ、「9000」にします。
2

6000でmp4からmpgに変換したとき、画質がかなり悪くなりました。
mp4のとき:5.59GB(1920×1080)
mpgに変換後:1.76GB(720×480)

9000で変換したとき、
mpgに変換後:1.89GB(720×480)

結果、あんまり変わりませんでした(T_T)
見た目も・・「うーん」という感じです。
無料のソフトなので、こんなもんでしょうか。

複数の動画をまとめてDVDに焼くには

チャプターメニューがあれば便利ですよね。
できるんです。
でも、ちょっと難ありです。

「DVDのテーマを使用」にチェックをいれます。
チャプターのプレビューが見れるので、お好きなものを選びます。
「デフォルト」の「ワイドが」一般的だと思います。
1

スクリーンショット 2019-05-19 15.25.10

実際にDVDに焼いて再生したら、ズレます・・・。
残念!

まぁ、見れますけどね。

mpgに変換する

DVDに焼く前に、まず変換する必要があります。

1)ホーム画面に焼きたい映像をドラッグアンドドロップします。
複数入れることも可能ですし、追加や消す場合は「+」「−」を押します。
burn

2)mpgに変換しますか?と聞かれたら、「変換」をタップ。
burn

3)保存先を聞かれるので、指定します。
私はいつも面倒なので、デスクトップにとりあえず保存してしまいます。

変換にはちょっと時間がかかります。
スクリーンショット 2019-05-19 15.07.20

変換が完了すると、以下のように表示されます。

4)ドライブにDVDを挿入し、タイトルをいれ、「ディスク作成」を選択します。

5)速度は、私は・・にしています。
安いDVD-Rを使っているせいか、「最大(8×)」にするとエラーになることがあるのです。
もし「最大(8×)」でエラーになれば、・・にして焼いてみてください。

これで完成です^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク