中国で2歳の子どもが遊ぶところ

旦那さんが中国で長期出張中のため、遊びに行ってきました😀

行きは息子と私の二人で、旦那さんに空港まで迎えにきてもらいました。
飛行機の中ではほとんど寝てくれて平和に着きましたが、上海に着いてからが大変でした・・。
手荷物を持ちながら動き回る息子を追いかけたり、スーツケースとベビーカーを受け取るのに苦労し、ベビーカーに乗せながらスーツケースも押したり。
飛行機を降りてから旦那さんと合流するまでの約1時間でヘトヘトになりました・・(T_T)
せめてスーツケースを押してくれる人さえいれば・・。

近くの公園

住んでるマンション近くの公園には遊具はなくて、大人用の健康器具がありました。
中国っぽいですね(^^;
息子は少し遊んでましたが。
IMG_7778

キッズパーク

近くに「児童智楽城」というのがあり、これはどう見ても子供向け施設。
恐る恐る入ったら、子供が遊ぶ施設をはっけーん!
他に、英会話教室や幼児教育学校、ダンススクール、絵画教室などがありました。
中国は教育熱心なんでしょうか。

私が入ったところは有料のキッズパークで、日本のと同じような感じでした。
1日フリーパスがなんと60元(約1000円)。えっ高い!
日本より高いやーん。
回数券や月会員は安いようです。

施設内はボールプールや大きな滑り台、ボルダリングの壁など、色々揃ってました。
昼食で出たりしても、1日丸々遊べるそうです。
意外に(!?)清潔にしているようで、衛生面は問題なさそうです。
股割れズボンの子供はオムツを履かないといけない感じです。

滑り台が大きくて楽しそう!

滑り台が大きくて楽しそう!

そして近所にもう一つキッズパークを発見。
巨大ボールプールがあり、1日フリーパスが58元。
こんなに広いボールプールだと、絶対に落としものできないな(^^;

巨大なボールプール

巨大なボールプール

中国のおもちゃ

旦那さんが色々と買ってくる中国のおもちゃに共通することベスト3
安いやつを買ってるからかもしれませんが(^^;

1)光り物が多く、眩しい
車もバスも、なんでもかんでもとにかく光る。七色に光ったりもします。
そしてとても眩しい・・。
その光いる??っていうくらい。
電池抜いて遊ばせてます。

2)音が大きい
音がなるのがいいのですが、大きい。うるさい。
音量は調節ができないので困ります。
電池を抜くしかありません。
ちなみに音や光は、車の場合はドアを開けたら鳴ることが多いようです。

3)直ぐに壊れる
なんなんでしょうね~(^^;
音がならなくなる、光らなくなる、音が止まらなくなる(笑)
おもちゃを振るとカラカラ音がなったり。(中でネジが取れた?)
あとは、小さい部分が割れたり取れたりなど。

中国のおもちゃ2

中国人の旦那さんがいるお友達に教えてもらいました。
今回の滞在で、旦那さんにネット販売で買ってもらいました。

壁に貼るポスタータイプの「あいうえお表」みたいなやつで、音声が出ます。
1から10の数字タイプやフルーツ、動物などがあり、「中国語/英語」で言葉の切り替えができます。
ちなみにこれも音が大きいですが、音量調整ボタンが付いてました。

中国の絵ことばポスター

中国の音声付きポスター

これもすぐに壊れると聞いたので、10枚セットのものを買いました。
10枚で2000円くらいだったそうです。
大潤発でも売ってましたが1枚42元もしました。高っ!(ディズニーバージョンでした)

↓これは4枚セット。
https://item.m.jd.com/product/6278505.html

「日本語/英語」バージョンも欲しい~!
あるのかな、あっても高そうだな。

中国のオムツ

日本のパンパース、メリーズ、グーンなども売ってます。
うちはパンパースのLとXLを買いました。(普段はL、寝るときはXLなんです)
L 52枚入り、XL 40枚入りで各74.8元。(各1,300円くらい)
値段は日本とあまり変わらないですね。
ただ、日本のより少し古いモデルのような気がします。
キャラクターは日本版はしまじろうですが、中国版は動物のイラストでした。

メリーズの日本版(日本と同じモデル)は、日本で買うより倍ぐらいの価格でした。

中国のパンパースはしまじろうではなかったです。

中国のパンパースはしまじろうではなかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク